▶ InDesign : Defaults[デフォルトの設定]

ページサイズ


新規ドキュメント ページサイズ はじめに InDesign の「ページサイズ=判型」について簡単に説明します。
まずメニューバー[ファイル→新規→ドキュメント(右図上参照をクリックしてください。
すると[新規ドキュメント]というダイアログが開きます。そのダイアログの上から4番目に[ページサイズ]という項目があります。その項目の右側にある三角形をクリックすると、右下の図に示したようなポップアップメニューが表示されます。
これ InDesignで設定でき[ページサイズ]です。
デフォルトの[ページサイ]は「A4」 になっています。しかし、多くの単行本の判型は、一般に「四六判」といわれるサイズです。ですので、新規ドキュメントのダイアログを開くと、ページサイズに「四六判」がつねに表示されているよう、アプリケーションデフォルトを変更しておくと便利です。

ページサイズをデフォルトに設定

デフォルトのページサイズを変更する場合は、ドキュメントを開いていない状態で、 メニューバー[ファイル→ドキュメント設定]をクリックしま(下図赤枠参照
「ドキュメント設定」のダイアログが表示されるので、ページサイズの右横にある三角(赤丸内クリックしポップアップメニューからページサイ(たとえ[四六判を選択します。これでページサイズがアプリケーションデフォルトに設定されました。次回から、新規ドキュメントを作成するとき、ページサイズに[四六判]が選択された状態で[新規ドキュメントパネル]が表示されます。

ページサイズ_ドキュメント設定

ページサイズ以外に[ドキュメントプロファイル[ページ数[開始ページ番号[見開きページ [プライマリテキストフレーム]のアプリケーションデフォルトも、このドキュメント設定で指定することができます。
またドキュメント設定のダイアログに右側にある[詳細設定(赤枠内をクリックすると下の図の赤枠内のように[裁ち落とし]や[印刷可能領域]のデフォルト値も設定できます。

ページサイズ_ドキュメント設定
カスタムページサイズの追加

前述したように単行本の多くは「四六判」といわれるサイズです。しかし四六判というサイズにはA4やB5などのように決められた規格がなく、出版社によって多少異なります。

 講談社……………………………………128×188mm
 岩波書店…………………………………129×188mm
 小学館・文藝春秋社・筑摩書房………130×188mm
 新潮社……………………………………130×191mm

印刷用の用紙のサイズには「A全判B全判「四六全判「菊判」などがありますが「四六判」といわれる書籍は、一般に「四六全判」で印刷します。「四六全判」には、片面で「32ページ(表裏両面で64ページ)印刷できます。 ですので、下の図をみるとわかるように、四六判の書籍は、 新潮社の「130×191mm」までは印刷できるわけです新潮社以外の出版社が、なぜ判型を少し小さくしたのかまではわかりません。

用紙取り数
【補足】 用紙サイズの呼称ですが「四六全判」は普通単に「四六判」といいますここでは書籍のサイズ「四六判」と混同しないように「四六全判」と表記しました。サイズは「1091×788mm」です。 プロっぽく言う場合は「いちまるきゅういち/ななぱっぱ」と言います。
用紙サイズは、上記の「A全判「B全判「四六全判「菊判」以外にも、いろいろあります。上製本に使われるボー(表紙のなかに入っている厚紙にも規格が何種類かあります。 また、用紙を発注するときの数量を表す単位にも 「連」や「ボード連」など一般には使用されない単位があります。それを説明するとそれだけでかなりページ数を必要としますので、機会があったら説明することにします。
トンボとドブ なお、用紙の取数(1枚の用紙に何ページ分印刷できるか)は、計算上、上の図のようになりますが、 印刷するときに「ドブ」や「クワエ」が必要になるため、仕上がり寸法は計算上の寸法よりも少し小さくなります。
右の図をクリックして大きくしてみてください。黄色で示した「ドブ」は、外トンボと内トンボのあいだ「裁ち落とし領域」のことです。
朱色で示した「クワエ」は、印刷時に用紙をグリッパ(クワエ爪でくえわえ印刷のなかに送りこむために必要な余白 ここには印刷できません 四辺のどこか一辺に10mmから12mm程度の 「クワエ(くわえしろ」が必要です。

と、いささか話が脱線しましたが、InDesignのカスタムページサイズの説明に戻ります。
InDesignのポップアップメニューにある「四六判」のサイズは「128×188mm」なので作成する四六判のサイズが「128×188mm」でない場合はそのページサイズをカスタムページサイ(アプリケーションデフォルトとして、あらかじめ登録しておきます。

カスタムページサイズは下記の方法で追加します。
まず、上記「ページサイズの設定」と同じようにメニューバー[ファイル→新規→ドキュメント]をクリックして[新規ドキュメント]ダイアログを表示しま(下図左参照
つぎに[ページサイズ]のポップアップメニュー[カスタム(赤枠内をクリックします。すると右側の図のように[カスタムページサイズ]のダイアログが表示されます。その名前のところに追加するページサイズの名称、たとえば「四六判_130×188mm」などを入力し「130mmを、 高さ「188mmを入力して「追加]をクリックします。
これで新しいページサイズが登録されます。

ページサイズ

ただし、InDesignCS4以前のバージョンの場合カスタムページサイズは上記の方法では登録できませんCS4以前のバージョンの場合は、まFinderの検索で「New Doc Sizes.txt」というファイルを探します一般的には、InDesignのアプリケーションと同じ階層にある「Presets」フォルダの中にあります。そのテキストファイルを開(ここにカスタムページサイズの登録方法が書かれています最後の「Copyright」表示の点線の下に、以下のように加筆しま(最後の2行
もちろん、文庫版のサイズや新書版のサイズなどをくわえてもかまいません。

; Copyright 2002 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved.
; ----------------------------------------------------------------------
; 事前設定名     幅       高さ
四六判_130×188mm     130mm       188mm

【注意】 CS4までInDesignでは「New Doc Sizes.txt」ファイルを使用してカスタムページサイズを作成するようになっていましたが、CS5以降にはこのファイルはありません。
Copyright © 2015 BOOKHOUSE